プロミスの審査で必要な情報のまとめ

プロミスの審査の早さとその際に重視される主な点を紹介します。

プロミスでの在籍確認の名乗りと書類による勤務事実の確認

プロミス銀次郎, · カテゴリー: 在籍確認

プロミスで新規申込をしますと、お勤め先に電話は行きます。その目的としては、安定した所得があるかどうかを確認するためです。

そもそも融資というのは、負債者から返してもらう事によって成り立っているビジネスです。ですので貸している側としては、やはり負債者の返済力を気にしている事が多いのですね。そして返済力の為には、安定している所得が重視される事になるので、お勤め先に電話をしている訳です。

ところでプロミスから電話が来るとなると、名乗りが気になる方もいらっしゃるでしょう。お勤め先に内緒で借りている方の場合は、やはり電話で「プロミスですが」などと名乗られてしまいますと、借りている事実が伝わってしまう可能性がありますね。

しかしプロミスの場合は、そのような名乗りにはなりません。あくまでも担当者の個人名で電話が行く事になりますので、発覚する確率は極めて低いと考えて良いでしょう。

そして実はプロミスでは、電話確認をしなくても書類で在籍事実を確認する事ができます。つまり上記の電話がどうしても難しかった時には、あえて書類をプロミスに提出すれば、在籍事実の確認が取れた事になるのですね。書類でも在籍確認ができるのが、この会社の特徴の1つと言えるでしょう。

自動契約機で速やかに借りる方法

プロミス銀次郎, · カテゴリー: 自動契約機

プロミスから借りる方法の1つに、自動契約機があります。

全国の色々な所に設置されている無人の契約機器なのですが、そこには申込書がセットされています。その申込書に色々な情報を書き込んで、所定の場所にセットをしますと、プロミスに対して申込のデータが送られるのですね。

その後でプロミスで審査が行われて、カードが発行されるという流れになります。

ところがその契約機器には1つデメリットがあって、審査が完了するまでに多少待たされる事になるのですね。プロミスの場合は30分程度の審査時間が必要になりますので、その店舗内でしばらく待機をしなければなりません。

ところがプロミスから借りようと考えている方によっては、ちょっと急いでいる事もあるでしょう。冠婚葬祭などの理由で急いでいる時には、待たされるのが少々困ってしまいますね。

このためプロミスから速やかに借りようと考えているならば、まずはネット申し込みを完了しておくと良いでしょう。事前にネットで申し込んでおくと、まずプロミスで審査が行われるのです。

その審査が行われている最中に、上記の契約機器に行きます。それで契約機器で、カードを受け取る事になるのですね。プロミスから速やかに借りたいと考えているならば、その方法が一番スピーディーです。

第一回目の借り入れに対する無利息サービス

プロミス銀次郎, · カテゴリー: 無利息サービス

金融会社で借りるとなると、大抵は手数料が発生します。いわゆる利息なのですが、プロミスの場合はそれがやや特殊になります。

この会社の場合は、実は借りてから30日間は手数料が無料になるというサービスを提供しているのです。例えば2月12日にこの会社から借りたのであれば、翌月の3月11日までは手数料が無料になってくるのです。手数料は明らかにプロミスに対する負担額なのですから、それが無料になるのは大きいですね。

ただしその手数料には1つポイントがあって、あくまでも第1回目だけが対象になるのです。2回目は対象にはなりません。

例えば上記の例ですが、2月20日に全て返済したとします。そして2月24日に、改めてその会社から借りたとしましょう。

2月24日に借りたのであれば、もちろん30日後は3月23日ですね。しかし無利息というのはあくまでも1回目から起算される事になりますので、3月23日ではなく3月11日になります。あくまでも第1回目の借り入れから計算される事になるのですね。

それと追加の借入も同様です。上記の事例では2月20日に全て返済をしていますが、そこで返済を行わずに2月24日に改めて新規の借入をした時も、やはり同様です。3月11日までが無利息になるのですね。

2回目から起算される訳ではありませんので、注意が必要です。

プロミスの金利はどれ位になるか

プロミス銀次郎, · カテゴリー: 金利について

プロミスから借りるとなると、手数料が発生する事になります。いわゆる金利ですね。

金利は、いわゆるパーセンテージで表現されています。年間18%の商品に比べれば、年間15%台の商品の方が手数料はリーズナブルという事になります。

ところでこの金融会社で発生する手数料ですが、フリーキャッシングの場合は最大17.8%になります。ただしそれも限度額次第ですね。限度額が高めに設定されれば、4%台になる事もあります。

ただしそれはフリーキャッシングという商品に限った話で、別の商品の場合はまた話が異なるのです。というのもプロミスという会社では、複数の商品を取り扱っています。

例えばこの会社では、目的ローンという商品がありますね。それは最大手数料が16.5%になります。また自営業者の為の商品の場合は、最大17.8%になるのです。商品によって、手数料は色々違っている訳なのですね。

ただし遅延が発生してしまえば、その手数料が引き上げられてしまう事もあります。プロミスで借りるとなると、もちろん期日までに返済をする必要がありますが、それに遅れてしまうと手数料が20%になってしまいます。いわゆる損害金ですね。

遅れてしまえば手数料が高めになってしまう訳ですから、期日を守るようにするべきでしょう。

プロミスでの一次審査と二次審査の主たる違いとは

プロミス銀次郎, · カテゴリー: 一次審査と二次審査の違い

プロミスによる審査は、2段階になります。1段階目で通っていれば、2段階目に進む訳ですね。

ところでその2つにはどのような違いがあるかと申しますと、基準が様々異なっているのです。結論から申し上げれば1段階目ではかなり細かな情報が確認される事になり、2段階目では申込者が借りる事ができる限度額が設定されるのです。

まず1段階目で見られるポイントは、例えば信用情報などですね。他の会社での状況はどうなったのかが確認される事になりますし、そもそも申し込みデータに間違いが無いかどうか等も確認される訳です。また年齢なども見られる事になり、プロミスの場合は20歳以上64歳以下というルールになります。

そのような細かな点が確認される事になり、非常にスピーディーに審査が行われます。

そして2段階目ですが、具体的な限度額を見る事になるのです。その関係上、2段階目の審査ではお勤め先に対して電話が行く事になります。と言っても特に難しい事が確認される訳ではなく、非常に簡単なやり取りになります。その確認電話で何も問題がなければ、2段階目の審査で通ることになる訳ですね。

その電話確認の情報を元に、最終的な限度額が決定される事になります。

ですのでプロミスの2つの審査の主な違いとしては、限度額の決定の有無と言えるでしょう。