プロミスの審査で必要な情報のまとめ

プロミスの審査の早さとその際に重視される主な点を紹介します。

プロミスの主たる返済方法とは

プロミス銀次郎, · カテゴリー: 返済方法

プロミスに対して返す方法は、とても多彩です。大きく分ければインターネットを用いる方法か、どこかのお店から返す方の2種類になります。

まず前者なのですが、プロミスの会員サービスを用いる事でいつでも返済をする事ができるのです。土日などでも利用可能ですね。

ただし金融機関には、ある程度縛りがあります。プロミスと提携している銀行のネットバンキングのシステムを用いて、返済をする事になるからです。逆に提携外の金融機関では、インターネットでの随時返済は少々難しくなります。

そしてインターネットを用いない方法となると、まず口座引き落としがあります。つまりプロミスに対して銀行口座を登録して、そこから毎月決まった日付に自動的に引き落としされるシステムになるのですね。うっかり忘れるのを防止する事ができるので、とても便利です。

それとATMや銀行の店舗などからの返済方法で、プロミスと提携している店舗であれば随時返済をする事ができるのです。もしくはサービスプラザと呼ばれる所からも、返済をする事ができます。

ちなみに数ある店舗の1つはコンビニですが、プロミスの場合は手数料はゼロ円と設定されています。他の金融会社の場合はコンビニ手数料が有料になる事もあるので、そのメリットは大きいですね。

プロミスから借りる為の主な準備物

プロミス銀次郎, · カテゴリー: 準備物

プロミスから借りる為には、書面は必要です。大抵の金融会社から借りる時には何らかの書面が必要になるのですが、それはプロミスも同様なのですね。

プロミスの場合は原則として、免許証が必要になってきます。しかし人によっては、運転免許をお持ちでない方もいらっしゃるでしょう。その場合は、パスポートなどでも特に問題は無いです。

ところがその書面に書かれている住所が、現住所と違っている事もたまにあるのです。例えば転居をしていて、まだ住所変更の手続きが終わっていない方々ですね。

その場合は、上記の書面とはまた別の物が必要になってきます。現在の住所が書かれている請求書や料金明細などを提出すれば、住所確認が取れた事になるのです。

またこの会社から50万円を超える金額を借りるような時には、また別途で所得を証明する書面が必要になります。つまり最近の給料明細などが必要になるのですね。

そのポイントは、あくまでも最近の書面が必要になる点です。1年前や2年前などに発行されている書面は無効になりますので、注意が必要です。

ちなみに自営業者の方々は、そもそも給料明細はありませんね。その場合は確定申告書などでも、特に問題はありません。

ですのでプロミスから借りる為の準備物は、状況により様々と言えるでしょう。